ケトン体研究の権威者であられる
千葉県市原で宗田マタニティクリニック
院長宗田哲男の本「ケトン体が
人類を救う」中に、ものすごい
事が書かれていた。
妊娠して以降高濃度ケトン体
が作られ、胎児に送られる。
このことは、
つまり、胎児や新生児が
ブドウ糖からの栄養
需給ではなく、ケトン体を
栄養源にして成長している発
見であった。
氏は、妊娠糖尿病患者への
糖質制限治療いわゆる人が
ケトン体をエネルギー代謝
食事療法を行われています.

このドクターも異端児扱されてるようです。
戦うドクターの本 一読を

もっと見る

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト