オーガニック 牧草飼育(グラスフェッド)

牛肉と穀物飼育(グレンフェッド)

主題の事で肉調査 日本の霜降り肉は

人造超高脂肪肉なので、食べないが、

(高くて食べれない)

糖質制限食のタンパク質摂取には

安全な肉を選んで食べたい。

 

本来、牛は穀物は食べなかった。

その草食(牧草)飼育をきっちり

守っているのが、オーストラリア

とニュージーランドである。

 

しかし、オーストラリアは、

日本人が好む脂肪肉に合わせ、

出荷前60日~110日の間、穀物

を与えて調整している。

但し、この穀物はHACCP

で管理された(遺伝子組み換え無し)

ものだ。

 

ニュージーランド産は基本

安心安全な牧草飼育(グラスフェッド)である。

 

そこで、日本で流通している

店舗を調べた。

高級グラスフェッド肉専門店は

別として、大衆スーパーでも

ちゃんと販売していた。

他にもあるかも知れないが、

意外と安いので毎日食べたい人は

沖縄最大のスーパー

サンエー  サーロイン 1kg 5000円

全国的に展開する

ドンキホーテ  赤身ランプ肉 298g 500円

 

ちなみに先月、石垣牛を食した。

 

南国石垣牛の基本 牧草が年に4回生えてくるので

放牧で育ててる。しかし、出荷前に「ショートグレン」

して肉の中に脂肪を入れている。

出来れば、グラスフェッドのまま

の肉も販売出荷してもらいたい。

ちなみに写真は先日 ごちそうに

なった、超高級 グラスフェッド肉

超柔らかい!!